ディーラーローンとマイカーローンの違いにどこにあるのか

車を購入した際に利用するのが自動車ローンですが、自動車ローンは大きく分けて2つに分類でき、ディーラーローン」と「銀行、信用金庫などのマイカーローン」に分けられます。車を購入する時に勧められるままローンを利用する人が多いと思いますが、現代はインターネットの普及で様々なローンを探せる時代です。少しでも金利が低いローンを組むことで、総支払い額を少なくできるので、慎重に検討するべきです。

ちなみに「ディーラーローン」とは新車の販売店が取り扱うローンのことで、金利は銀行、信用金庫などのマイカーローンの金利より少し高く設定されているところが多くあります。車種によっては特別金利として設定されていたり、時期で金利引き下げキャンペーンなどしているところもあります。ディーラーローンの最大のメリットは「審査に通りやすい」ことです。自動車販売店では自動車が売れないと利益にならないため、審査は比較的に通りやすくなっています。しかし、ディーラーローンを利用すると完済するまで車は個人所有にならず、車の所有権はディーラーになっています。

銀行、信用金庫などのマイカーローンの最大のメリットは「金利が低い」ことです。ディーラーローンより約1%から3%くらい低く設定されているので、少しでも利息を減らしたい人にはおすすめです。ディーラーローンとは違い、車の所有権は自分にあります。しかし、審査はディーラーローンに比べて厳しくなります。
消費者金融で借りる際の注意点とは?